「生理痛」って | 子宝漢方のますや(升屋栄貫堂薬局)

「生理痛」って

2016年03月19日更新

生理痛がある女性はとても多く、むしろほとんどの方が
「生理の時は痛むもの」と認識して我慢したり、鎮痛剤を
飲んで痛みを抑えたりしています。しかし生理は本来
痛みはなく、せいぜいお腹や腰が重だるく感じるくらいで、
寝込んだりするのは異常です。酷い生理痛はもちろん
不妊にも関係しています。
 
西洋医学では、生理痛は「子宮内膜症」「子宮筋腫」に
よるものか、「子宮の収縮が強すぎる」ことが原因と
考えられていますが、
漢方ではおもに3つのタイプに分けられます。
①?血(おけつ)タイプ
痛みが強く、キリキリと刺すような痛み。
出血量・血塊が多く、経血は黒ずんでいる。
月経周期は遅れがち。
②気滞(きたい)タイプ
痛みが強い月とそれ程でもない月があり、
生理前からお腹や腰が張って痛む。
ストレスや緊張で痛みが強くなる。
生理周期が前後しやすい。
③気血両虚(きけつりょうきょ)タイプ
生理の終わり頃から痛みが始まり、生理後も痛みが続く場合もある。
重だるく痛み、経血は色が薄く水っぽい。

これら3つのタイプが単独ではなく組み合わさっていることも
多いので、ますやでは充分なカウンセリング(問診や望診)や
今までの経過、生活習慣など詳細に伺い必要な漢方薬を選びます。

次回はそれぞれのタイプの漢方薬の選び方と養生法について
お知らせします。


サブコンテンツ
サブコンテンツ