升屋栄貫堂の「ますやの子宝法」とは | 子宝漢方のますや(升屋栄貫堂薬局)

当薬局について

「ますやの子宝法」とは

升屋栄貫堂薬局は「漢方専門薬局」「鍼灸治療院」を併設しており、それぞれ子宝相談・子宝治療を専門として実績を積み上げていることから、子宝を待ち望むたくさんの方にご利用いただいております。

こうして積み重ねた多くの症例から得られたデータと経験を、東洋医学の考え方を基本に再構築した独自の方法が「ますやの子宝法」です。

なぜ「子宝漢方のますや」で成功できるのか?

それは東洋医学を基本とした升屋栄貫堂薬局独自の理論と漢方薬、鍼灸治療、養生法、運動療法、温熱療法などを組み合わせることが相乗効果を生み、「授かる力」「産む力」を引き出しているからです。

このように、独自理論による「妊娠するための身体づくり」を一人ひとりに合わせたオーダーメードで提供するのが「ますやの子宝法」の特徴です。

まずは、妊娠できる身体の土台をしっかりと築くことが大切です。 20年以上の経験と専門知識をもとに、あなたに合った子宝体質改善法をご紹介します。

ますやの子宝法

肝・腎・脾とは

東洋医学とは

漢方も鍼灸も東洋医学の考え方に基づいた治療方法です。現代中国でも漢方と鍼灸を併用する方法がよく行われます。
東洋医学の一番の特徴は「全体観」です。人間は特別な存在ではなく自然(宇宙)の一部。自然界は動物、植物、環境がそれぞれバランスをとることで保たれています。
人間の身体は六臓六腑(6+6=12。12種類の臓腑)でできており、やはりそれぞれがバランスをとることで健康状態が保たれています。このバランスが乱れると体調を崩したり、病気になるということです。
なかなか赤ちゃんができないという場合も同様にバランスの乱れが起こっています。特に不妊の場合、「肝」「腎」「脾」という臓腑の状態を整えることと、「お血(おけつ:血液の質・流れの悪化状態)」の解消がポイント。

主な改善法

漢方薬

イメージ

体質に応じた生薬を組み合わせ服用することで、身体の内側から病気・症状を改善します。
私たちだれもが持っている自然治癒力。この力が正常に働いていれば、体調を崩してもすぐに健康な状態に回復させます。なかなか回復しない場合は自然治癒力の低下が大きな原因。漢方薬は自然治癒力を高めることでさまざまな病気や症状を改善します。
漢方薬の得意とする作用は「気や血の量・働きを増減させる」ことです。鍼灸と併用することで相乗効果を期待できます。

鍼灸治療

イメージ

身体の表面にあるツボを鍼(はり)や灸で刺激することで、身体の外側から病気・症状を改善します。
身体の表面には気血が通るための線路のようなものがあり、これを「経絡(けいらく)」と呼んでいます。経絡の要所要所には「経穴(ツボ)」があります。線路でいえば駅にあたるものです。経絡は臓腑ともつながっていて、ツボを刺激することで経絡の流れを調整し、臓腑の不調を整えます。
鍼灸の得意とする作用は「気や血の流れを調整する」ことです。漢方薬と併用することで相乗効果を期待できます。

養生法

イメージ

養生とは毎日の生活の中で気をつけるべきことです。例えばお食事、冷え、就寝時刻、ストレスなど私たちをとりまくあらゆるものが場合によって体質を悪化させたり、改善させたりします。実は現代人の生活は健康や妊娠の妨げとなる要素がいっぱい。早くそれに気付き、生活改善することが体質改善をもスピードアップさせてくれます。

運動療法

イメージ

私たち人間は動物です。字のごとく「動く生物」です。そんな動物が動かなくなると身体機能・生殖機能にもマイナスの変化があらわれます。現代人の生活は便利になりすぎて身体を動かすことが非常に少なくなりました。そんなことも体質の変化に影響しています。
漢方薬、鍼灸治療と併せて運動療法を行うことで筋力、体力の向上、なにより血流が十数%~数十%改善され、妊娠に関連する臓腑にたっぷり気血がめぐるようになります。

温熱療法

イメージ

現代人、特に日本人の女性は「冷え」の影響を受けやすい体質にあります。その体質に加え、生活面でも冷たい飲み物、生ものの多食、身体が冷えるような服装などでさらに冷えが生じやすくなっています。
冷えは女性のホルモンや自律神経バランス、血流などを悪化させますので、逆に特定のツボや部位を特殊な温熱機器で温めることで冷えを改善し身体のバランスを整えることができます。


子宝相談のWEB予約
子宝相談のご案内はこちら