子宮内膜症とは? | 子宝漢方のますや(升屋栄貫堂薬局)

子宮内膜症について

子宮内膜症とは?

子宮内膜症とは、子宮腔以外の場所に、子宮の内側の子宮内膜と似た組織ができること。通常、子宮内膜は卵胞ホルモン(エストロゲン)や黄体ホルモン(プロゲステロン)などの女性ホルモンの働きにより、一定の周期で増殖と剥離を繰り返しますが、この子宮以外にできた組織も同様に増殖と剥離をします。
本来の子宮内膜は、はがれたら月経として膣から体外に出ていきますが、子宮以外の組織ははがれ落ちても出ていくところがありません。そのため血液が体内にとどまり、炎症や臓器の癒着を引き起こします。特に発生しやすいのは腹膜、卵巣、ダグラス窩の3カ所です。卵巣にできる卵巣チョコレートのう胞は、卵巣にたまった血液がとけたチョコレートのようにみえることから、そう呼ばれます。

子宮内膜症の原因ははっきりとは分かっていませんが、20代~30代の女性の多いことから、ホルモンバランスの乱れや仕事によるストレスなども関係しているのではないかと言われています。

子宮内膜症の症状

子宮内膜症の発生しやすい場所
○月経痛がひどい。または年々ひどくなる
○不妊症
○月経量が多い
○排便時や性交時に引きつるような痛みがある

子宮内膜症の症状でもっとも問題となるのは「月経痛」「不妊症」です。
毎月、寝込むほどの痛みがある、鎮痛剤が効かないなどの症状がある場合には、早めに婦人科で検査をしたほうがいいでしょう。


子宝相談のWEB予約
子宝相談のご案内はこちら
サブコンテンツ
サブコンテンツ