妊娠とイメージ | 子宝漢方のますや(升屋栄貫堂薬局)

妊娠とイメージ

2015年07月03日更新

先週移植をして判定待ちのMさん、
今回はすっきり前向きな気持ちで過ごしています。

心配事もなく良いイメージを持っている事は大切です。

例えば・・・
<移植をしました、それがお腹の中で内膜にピタっと着床して、どんどん大きくなっている>そんなリアルなイメージでもいいし、

なんとなくほんわかしたイメージ<童話とか絵本を読んでいる>感じ。実際寝る前に童話とか絵本とか読むのもおススメです。

あとは、お財布やバッグなど持ち物や身に付けるものをピンクとか赤、オレンジみたいな暖色系をちりばめてもらうと、これもイメージに繋がるんです。

red_rose

よく赤は情熱の色なんていうじゃないですか。
暖色系の色を見ると血流が良くなる。

逆に青い色は気持ちが盛り上がらない。
必勝のはちまきだって赤で必勝って書いてある。あれ青で書いてあったらね(笑)

このようにイメージ、色も体に影響しますから、絵でもいいし、花瓶でも、カーテンでも目に付くところに暖色系の物を使ってみて!


サブコンテンツ
サブコンテンツ