卵子も水分補給を・・・でも気をつけて! | 子宝漢方のますや(升屋栄貫堂薬局)

卵子も水分補給を・・・でも気をつけて!

2015年06月03日更新

今年は暑くなるのが早いですね!
こう暑いとやはり冷たい飲み物が欲しくなります。

確かにたくさん汗をかいた後や気温が高い時などは水分補給や体を冷やすことが必要な場合もあります。
しかし、必要がないのに水分をとりすぎたり、体を冷やしすぎたりすることが多いようです。

人間の細胞は水で満たされています。この水が少なくなると細胞の機能がダウンしてしまいます。
卵子も細胞ですから常にうるおいがあり、プリプリしていた方が元気であるといえます。

卵子

水分をとるときのポイントはできるだけ常温で。
ただ熱中症になるような猛暑の時には、多少冷たい物もOK。
でもエアコン効いた部屋で冷たい物をガブガブはお腹をすごく冷やしちゃうから避けたいですね。

氷をかじったり、口の中でゆっくり溶かすといいですね。
口の中とノドだけ冷やせばいいのにガブガブ冷たい物飲むと、お腹まで冷えちゃいますよ。

実は冷やしたいのはノドだけ。
冷たい水が通る時に気持ちがいいからつい飲み過ぎてお腹カパカパになって、夏バテのもとです。

かと言って、一日中氷なめててはダメです!

夏を乗り切り、当時に元気な細胞(卵子)を育てるには水分がポイントですよ。


サブコンテンツ
サブコンテンツ