漢方と鍼灸で子宮内膜症を克服 | 子宝漢方のますや(升屋栄貫堂薬局)

漢方と鍼灸で子宮内膜症を克服

2015年10月10日更新

不妊で悩んでいる人の1割が「子宮内膜症」があるといわれています。

子宮内膜症とは本来、子宮の中にあるべき内膜の組織が、卵巣やおなかの中など子宮以外の場所にできてしまう病気。

通常、月経時には剥がれ落ちた内膜は月経となって膣から排出されますが、子宮の外で剥がれ落ちた内膜は出口がないため、結果的に体内に溜まり、チョコレート嚢胞ができたり、他の臓器との癒着を起こしたりします。

 では、なぜ子宮内膜症になると妊娠する力が落ちるのでしょうか。
たとえば、チョコレート嚢胞の場合だと、チョコレート嚢胞ができたことで、内膜症の細胞から卵子に負担をかける化学物質が出るため、卵の質が落ちたり、また卵の周りの殻がかたくなり、排卵が起こりにくくなったりということがあります。

 また子宮内膜症によって起こる炎症物質が内膜に影響し、着床を妨げてしまうことも妊娠力が落ちる原因のひとつです。

 女性ホルモンの影響で変化を起こす子宮内膜症は、生理がくると悪化します。そのため生理を止めるのが西洋医学的な治療になるわけですが、そうすると今度は妊娠が難しくなる。反対に妊娠の治療を優先させると、子宮内膜症がすすむこともあるため、お医者さん自身も妊娠希望で子宮内膜症がある人の治療というのは、大変苦慮しているという現実があります。

 そうした実情の中で、不妊治療と子宮内膜症の治療を両立できる方法が、漢方や鍼灸などの東洋医学的な治療です。

 漢方や鍼灸を組み合わせることで、自然と子宮内膜症の症状が改善したり、病院の治療をしなくても妊孕力(にんようりょく)=妊娠しやすさを維持できるのです。実施に当院の患者さんにも、かなり大きなチョコレート嚢胞が漢方で全く消えたという方がおられます。

 また子宮内膜症の治療は、手術を行うこともありますが、手術をすると卵巣に負担がかかってしまうため、卵巣機能が落ちてしまいます。漢方は、そうした術後の卵巣機能低下を防ぐためのケアをできるのも大きな特長。術前から体質改善して術後に備えるということですね。

 子宮内膜症の多くが、血液の質がよくない、流れが悪いといった“?血(おけつ)”が原因。ですから、漢方では血の流れをよくする活血薬を中心に使います。

 ?血ができる、さらなる原因として冷えやストレスがあります。東洋医学では“気滞(きたい)”といいますが、鍼灸ではこの気滞をとる治療を施します。

 漢方で卵巣機能を高め、鍼灸で気の流れをよくする、この相乗効果で子宮内膜症という妊娠しにくい状態を改善することができるのです。

漢方は月に1回、鍼灸は週に1回程度、通っていただくうちに、おもてにあらわれる痛みや症状は2~3カ月で改善されるケースがあります。

子宮内膜症を抱えて不妊でお悩みの方、漢方・鍼灸という手段をお忘れなく。


サブコンテンツ
サブコンテンツ