【症例79】妊娠する力はみなさん持っている | 子宝漢方のますや(升屋栄貫堂薬局)

【症例79】妊娠する力はみなさん持っている

2017年04月13日更新
※個人の感想です。効果には個人差があります。

K.T様 30歳 会社員 秩父市

K様は結婚当初から妊娠を希望され、半年ほど病院へ通院して排卵誘発剤を使用しての治療をしていましたが、なかなか子宝に恵まれず、不妊情報誌に掲載されている当店の記事をお読みになり来店されました。

当初、子宮内膜症(チョコレート膿腫)があり右側の卵巣が腫れていて、さらに左の卵管は検査の結果細く狭くなっている状態でした。

小さなころから体が弱く、よく病院にかかっていたということです。
月経周期がやや長く、生理痛もつらいということ。生理時は必ず鎮痛薬を使用していました。
さらに冷え症、頭痛、イライラ感、耳鳴り、下痢などさまざまな症状でお悩みでした。

漢方でいうと肝、腎、血にアンバランスがある状態のようです。

また、ご主人様は精子の運動率が低く、奇形率が高い、自然妊娠できるかどうかという状態でした。

K様ご本人には血のめぐりを改善し、自律神経のバランスを整え、卵の元気度を増すための漢方を、ご主人様も精子の状態を改善するためボレイ(牡蠣)エキスをお飲みいただきました。

合わせて食事や運動など生活改善にも取り組んでいただきました。

漢方を始めてから1か月ほどして、カウンセリングの予約日ではないのにKさんからお電話があり、お話ししてみると

「妊娠検査薬で陽性が出たんです!漢方はこのまま飲んでいていいのですか?」ということ!!

ご本人もまだ信じられないご様子でした。早速、妊娠安定のための漢方に切り替えもらいました。

Kさんのように短期間で妊娠されるケースは実はたくさんあります。
妊娠する力はみなさん持っている、と私たちは考えます。今はその力を発揮するための準備が少しだけ足りないだけなのです。体と心の準備を続けていけばきっと喜びの日を迎えることができますよ!


サブコンテンツ
サブコンテンツ